上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9/13~15の2泊3日で、能登半島一周ツーリングに出かけてきました。
相棒は会社の元同僚タケちゃん。
丁度同じ日程でツールド能登が開催されていましたが、我々は輪行で金沢駅まで移動して駅を起点に能登半島をぐるっと一周めぐってきました。
3日間の走行距離は415km、獲得標高3066mでした。

初日、京都からJRの特急で金沢駅迄移動。連休&秋の行楽シーズンとあって指定席は予約しようとした1週間前には既に満席。仕方なく自由席に乗車するが通路もデッキも人で一杯。
無事金沢駅に到着すると、西口(海側)のコインロッカー横に丁度良いスペース発見。
目の前は日帰り入浴可能なアパホテルで、絶好のロケーション。
DSCF6873_R.jpg

駅を背に真っ直ぐ海へ向かう。
DSCF6874_R.jpg

突き当りを右折して暫く走ると「ツールド能登」のスタート地点を通過。
DSCF6877_R.jpg

暫くは内陸の裏道を走れたが、国道に出てからはやや交通量が増えた。
DSCF6879_R.jpg
子供が小さい頃よく夏のキャンプに来た大島を過ぎれば左折で国道から離れていよいよ能登半島の海岸造沿いの道に入る。

DSCF6882_R.jpg
DSCF6885_R.jpg
DSCF6887_R.jpg
DSCF6892_R.jpg
DSCF6895_R.jpg
DSCF6897_R.jpg
DSCF6898_R.jpg
DSCF6906_R.jpg
DSCF6908_R.jpg
DSCF6909_R.jpg
DSCF6941_R.jpg
DSCF6944_R.jpg
DSCF6954_R.jpg
DSCF6958_R.jpg
DSCF6960_R.jpg
DSCF6966_R.jpg
DSCF6969_R.jpg
DSCF6977_R.jpg
2014.09.29 / Top↑
8月最後の日曜日となった31日に、MR井さんと大和高原~信楽方面を走ってきました。
大和高原では黄金色に色付いた稲穂が広がる中、そこここで稲刈りが始まっており、夏の終わりを感じさせるツーリングでした。

自宅~天理~福住~水間~笠置~和束~信楽~和束~加茂~木津~平城京跡~法隆寺~自宅と150㎞走って1380m上って、5時過ぎ無事帰宅。


今日の目的地、信楽郊外にある「森のカフェ」
DSCF6871_R.jpg
集落が途切れた山の中にポツリとあるのですが、駐車場に止め切れない車が路上にまであふれるほどの人気ぶりで、
席が空くまで30分ほど待ちました。
ランチメニューは予想以上のボリュームで、頑張って完食しましたがお腹一杯。

和束から信楽へは5号線経由で。
DSCF6870_R.jpg

信楽からの復路は下り基調&追い風で快調!
向かい風のことが多い木津川左岸の道も、ずっと追い風!

帰り道久しぶりにユーロワークスへ寄った。
DSCF6872_R.jpg

夕方の天候が危ぶまれたが、終日薄日がさして暑すぎず気持よく走れました。

走行距離 150㎞
獲得標高 1380m
2014.09.01 / Top↑
8/16~18と2泊3日で白樺湖を拠点に、八ヶ岳一周とビ-ナスラインを走ってきました。
相棒は元会社の同期のタケちゃん。
あいにくの天候で、3日間ともアルプスの山並みを眺めながら走る事はできませんでしたが、
前回雨で走れなかった八ヶ岳一周は何とか走り切りました。

初日8/16は、 白樺湖~スズラン峠~麦草峠~松原湖~野辺山~八ヶ岳高原ライン~八ヶ岳鉢巻道路~大門街道~白樺湖と八ヶ岳を周回するコース(走行距離 124km 獲得標高 2865m )で、後半雨に降られて修行状態で走る事になりましたが何とか耐え抜いて無事完走できました。

標高1420mの白樺湖を出発し、まずはビーナスライン最初の峠、スズラン峠を目指します。
DSCF6788_R.jpg

標高1750Mのスズラン峠を越えて、
DSCF6790_R.jpg

一旦蓼科へ下ったところでメルヘン街道に入り、2127Mの麦草峠まで再び上りが続きます。
DSCF6796_R.jpg
メルヘン街道は気持良い林間の上りで、それほど激坂もなく淡々と標高を稼いで2127Mのピークに到達。

DSCF6799_R.jpg
ここで補給しつつ一息入れます。

麦草峠から佐久甲州街道迄は標高差1000mを下りますが、途中レストハウスふるさとでメルヘン街道を離れて、松原湖方面へ向かいます。
DSCF6804_R.jpg
佐久甲州街道に出ると一気に車の交通量が増えて、しかも野辺山までは標高差300Mの上りでスピードも出ないので車にどんどん追い越されて結構なストレスでした。

国道沿いの店で昼食休憩をとって、野辺山駅に立ち寄りましたが、駅は観光客で大賑わい。
DSCF6809_R.jpg
丁度列車が到着するところだったからでしょうか。

快適なサイクリングはここまで。清里手前で八ヶ岳高原ラインに入って間もなく雨が降り始め、一気に土砂降りになる。
DSCF6814_R.jpg
アップダウンを繰り返す道は川のように水が流れ、水たまりに突っ込んだ車の水しぶきをまともにかぶり、過去最悪の状態。この時点でホテルまでまだ40km。このままの状態が続けば最後まで走り切れる気がしない。
ひたすら耐え続けて、八ヶ岳鉢巻道路に入る頃には雨も多少小降りになってきて、残り20km位でようやく雨も上がってホテルまで帰れる目途がたつ。
DSCF6816_R.jpg

大門街道に入って残り10km程となり、お盆休み中の店の前でようやく休憩。
DSCF6818_R.jpg
白樺湖まで標高差400m程を最後の力振り絞り上りきって無事ゴール。
2014.08.23 / Top↑
8/16~18と2泊3日で白樺湖を拠点に、八ヶ岳一周とビ-ナスラインを走ってきました。
あいにくの天候で、3日間ともアルプスの山並みを眺めながら走る事はできませんでしたが、
前回走れなかった八ヶ岳一周は何とか走り切りました。
詳細は後日。

8/16 白樺湖~スズラン峠~麦草峠~松原湖~野辺山~八ヶ岳高原ライン~八ヶ岳鉢巻道路~大門街道~白樺湖
8/17 白樺湖~霧ヶ峰~和田峠~三ツ峰展望台~和田峠~霧ヶ峰~白樺湖
8/18 白樺湖~霧ヶ峰~白樺湖

8/16 走行距離 124km 獲得標高 2865m
8/17 走行距離 57km  獲得標高 1118m 
8/18 走行距離 23km 獲得標高 480m
2014.08.18 / Top↑
7/26,27の土日に1泊2日で乗鞍岳に行って来ました。
2010年8月に初めて乗鞍スカイラインを走って以来11回目の乗鞍。

初日のコースは、平湯~安房峠~上高地~白骨温泉~乗鞍高原~畳平~平湯と、上高地往復を含む周回コース。
2日目は平湯から畳平往復の予定でしたが、強風と濃霧でスカイラインが自転車通行止めのため、平湯~平湯峠~平湯~安房峠~平湯に変更。

とりあえず写真をUPします。

初日安房峠にて:
DSCF6689_R.jpg

DSCF6692_R.jpg

釜トンネル入り口:
DSCF6694_R.jpg
トンネル内は11%の激坂が1300m続く。

地獄の釜トンネルを抜けると天国上高地。
DSCF6697_R.jpg
大正池から望む穂高連峰。

上高地は一日中走っていたくなる心地よさ。
DSCF6699_R.jpg

河童橋手前の梓川から望む穂高連峰。
DSCF6702_R.jpg

白骨温泉で昼食:
DSCF6707_R.jpg

白骨温泉から乗鞍高原へ抜ける蛭窪峠手前から望む乗鞍岳:
DSCF6710_R.jpg

乗鞍高原観光センターから乗鞍岳を望む:
DSCF6712_R.jpg

位ヶ原山荘:
DSCF6713_R.jpg

位ヶ原にはまだ残雪が:
DSCF6718_R.jpg

乗鞍大雪渓:
DSCF6720_R.jpg

県境:
DSCF6726_R.jpg

スカイラインを下る
DSCF6730_R.jpg

桔梗が原
DSCF6735_R.jpg

一日中快晴が続く
DSCF6741_R.jpg

今日のお宿朴葉壮
DSCF6745_R.jpg

夕食は飛騨牛もついてボリューム満点だがリーズナブル:
DSCF6744_R.jpg
天ぷら、お蕎麦も出てきます。

2日目も良い天気、スカイラインへ向かう
DSCF6747_R.jpg

スカイラインゲート。強風と濃霧で自転車通行止め:
DSCF6750_R.jpg

しょうがないので、安房峠へ向かう:
DSCF6755_R.jpg

が、峠手前で雨が。。。
DSCF6757_R.jpg
一気に土砂降りに。平湯までブレーキレバー握りしめたままで、途中下まで下れないのではと思ったほど。

平湯の森で体を温めて、帰りの昼食は毎回こちら「自然薯の里」
DSCF6761_R.jpg



       1日目 2日目 
走行距離  90km   25km
獲得標高 2683m   831m
2014.08.12 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。