10月11日午前3時30分出発で、乗鞍スカイライン~エコーラインへ紅葉ヒルクライムツアーに行ってきました。
ご一緒頂いたのは、中町さんMillionさんLatteさん 、私の4名。
御在所SAで5時15分待ち合わせ、朝焼けの中東海北陸道を北へ向かいます。
名神~新名神では結構雨が降ってましたが、愛知は快晴です。
DSCF2731.jpg

ピーカンの空の下、期待でワクワクしながら出発の準備します。
DSCF2733.jpg

9時11分、標高1700Mの平湯峠を後にして、1000M上の畳平目指してスタートです。
DSCF2736.jpg
上り始めて12分、標高1870M付近。焼岳~穂高連峰~槍ヶ岳~笠ヶ岳の稜線がくっきと見え始めます。
DSCF2738.jpg
眺めが良いと止まっては写真撮影。
DSCF2742.jpg

北アルプスをバックに力走する皆さんをパチリ。
DSCF2749.jpg

森林限界の上を走るのは何度来てもテンションが上がります。
DSCF2763.jpg

左手前の焼岳からは噴煙が上がってます。今頃MR井さん山頂付近にいるはず。
大声で名前を呼んで見ます。
DSCF2764.jpg

スカイラインの中で唯一尾根筋の勾配の緩い区間です。9月に来たときは雷鳥を見かけました。
DSCF2771.jpg
自家用車、バイク禁止でほとんど車が通らず、夢のような環境です。
DSCF2772.jpg

11時20分畳平到着。
DSCF2773.jpg
DSCF2775.jpg
駐車場にバスは数台で、剣ヶ峰への登山道も人影はまばら、
山頂付近は落ち着きを取り戻してきています。
DSCF2778.jpg

さぁー画面左下に見える位ヶ原山荘まで、紅葉を楽しみながらエコーラインを400M近く下ります。
DSCF2779.jpg
DSCF2781.jpg

左上部を残すだけの大雪渓では今日もスキーヤーが。
DSCF2783.jpg

位ヶ原山荘で昼食タイム。おでん600円を頂き、補給食で補完します。
DSCF2792.jpg

写真撮影しながら下って来た道を、また写真とりながら上ります。
DSCF2797.jpg

エコーラインは多くの紅葉見物&写真撮影の方々が歩いています。
DSCF2798.jpg

再び畳平に戻り、平湯峠への標高差1000Mのダウンヒルに備えます。
風も無く、気温もやや高めだったので、
私は、上に冬用のデマルキ・レーシングジャケットを着ただけ。
millionさんダウン、Latteさんウィンドブレーカー、中町さん長袖ジャージ。
下りはみんなばらばら。
DSCF2802.jpg

ガスって景色も見えなくなっていたので、峠まで20分で一気に下りました。
自転車を積み込んだら、平湯温泉に移動、
恒例となったひらゆの森の露天風呂に浸かりながら、
まったりと。自転車談義に湯の花が咲きます。
DSCF2807.jpg
が、この1時間が運命の分かれ道。
我々と入れ違いでひらゆの森を出た焼岳登山のMR井さん達は、
東海北陸自動車道での若干の渋滞だけで8時過ぎには帰宅されたそうですが、
私達はと言えば、最終コンビニで軽く補給後R158に出た途端渋滞開始!!
全くの想定外。
その後、高山清見道路に入って直ぐに渋滞。東海北陸自動車道も渋滞!
行きは5時間弱でしたが、帰り8時間近くかかり、11時過ぎの帰宅となりました。

皆様お疲れ様でした。でも本当に行った甲斐がありました。
自転車乗りにとってこれほど素晴らしい環境は本当に貴重だと思います。
何時までも続くように祈るばかりです。
来シーズン道路が開通したら直ぐにでも行きたいなぁ~。

今回GARMIN忘れたので、GT31のログのみ。
本日の走行距離 約40km
獲得標高 約1440M
Av. Sp. -
Max.Sp. 69.55km.h
Av.Cad. - 
Av.HR. -
スポンサーサイト
2010.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/71-aa80e426
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村