上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日(9月12日)、MR井さん、S本さん、おっくん、millionさん達と
10月下旬に開催される熊野古道ヒルクライムのコースを走りに行ってきました。

5時55分待ち合わせ場所の法隆寺インター近くのコンビニに向けて出発。
おっくんと合流、自転車を積み込み、さらにS本さん、millionさんと、
ピックアップし、計4台の自転車を積んで新宮へ向けて南下します。
dscf2453_convert_20100913235049[1]
MR井さんは我々が揃って出発する頃には既に御浜町に到着されて、先にひとっ走り。

デポ地の那智津浦海浜公園でMR井さんと合流して、11時過ぎに出発。
dscf2458_convert_20100912232114[1]
暫くは平坦からゆるく上り始めますが、ここで昨日の疲れが意外と残っている事にややあせります。
滝の手前のヘアピンで本格的に上り始めたところで足に力が入らず、
いきなり遅れ始めます。

この写真ではいかにも揃って上っているようですが、実は1回待って頂いてます。
dscf2461_convert_20100913235143[1]

那智高原公園のお店でで補給&休憩。ボトル1本の人はここまでで既に水切れ。
dscf2462_convert_20100913235249[1]
ここで標高550M程、まだ400M以上上りますが、この辺りまで来るとようやく足も回り始め、
遅いなりに何とか上り切れると一安心。

再スタートして暫く行くと道端に鹿が、吉野の鹿は逃げるのに、ここの鹿は全く逃げる様子がありません。
shika.jpg
この写真を撮影した少し先でも道路わきに親子の鹿がいました。

ここで林道は終わりで、この先はドコモの中継所への取り付け道路のようです。
舗装もコンクリになり、激坂&非常に荒れた路面で、慎重に上ります。
dscf2466_convert_20100913235450[1]

13時51分中継所のある頂上に到着しますが、直ぐ近くの山頂にも別のアンテナが見えます。
dscf2469_convert_20100913235555[1]
途中で道が分岐していたのですがより急に見えた左を選択。
その先の道が余りにも険しかったので、レースコースと違うのでは?との疑問がわいてきましたが、
誰ももう一方の道も上ろうとは言わず、そのまま下山。

地蔵茶屋まで下ってくると自販機があるので、ここで休憩。
dscf2470_convert_20100913235912[1]
渓流の水で頭を冷やすと生き返ります。

那智高原公園から先は、店のおねえさんに教えて頂いた右の道を選択して下ります。
dscf2471_convert_20100914000007[1]
こちらのコースのほうが道幅も広い場所が多く、豪快にダウンヒルできます。

3時過ぎに全員無事、デポ地に帰着。
dscf2472_convert_20100914000117[1]
駐車場、温泉、ビーチが1箇所にまとまっているので、海水浴の準備もしてくれば良かったかも。

MR井さんに教えて頂いた、駐車場近くのにしきの湯で汗を流してさっぱりします。
dscf2473_convert_20100914000159[1]
お風呂は2Fで、JR那智駅越に海を望むことが出来ます。右の建物が那智駅です。

温泉に入ってすっきりした所で、次のお楽しみはこちら、
dscf2478_convert_20100914000400[1]
新宮の海宝さんへ。

地元勝浦で上がる近海の生マグロ!
dscf2475_convert_20100912232223[1]

皆さん十分に堪能したところで遠~い奈良に向けて帰途に着きました。
dscf2477_convert_20100914000248[1]
おっくん、本当に運転お疲れ様でした。
ご一緒くださった皆様、ありがとうございました。

走行距離  65.71km
獲得標高  1341m
Avg Sp 18.6km/h
Max. Sp 60.6km/h
Avg. HR 130bpm
Avg. Cad. 65rpm
スポンサーサイト
2010.09.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/55-965b5eba
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。