上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10/4 元会社の同僚タケちゃんと、先週(9/28)参加できなかった小豆島ツーリングに出かけてきました。

まだ夜も明けぬ朝4時20分自宅を出発し、阪神高速~第二神明~加古川バイパス~姫路バイパスと走る内に夜も明けて
待ち合わせ場所の姫路港近くの駐車場に6時過ぎに到着。
駐車場から1km程のフェリー乗り場へ移動し、7時15分発の福田港行きフェリーで小豆島へ向かう。

9時に福田港へ上陸、梅本水産さんに帰りのフェリー乗船に合わせてアナゴ弁当予約しておく。

福田港から時計回りに走り始めると、いきなりアップダウンの繰り返し。
それぞれは50m程度の上りだが、なにせ殆ど平らな所がありません。
それでも海岸沿いの道から見渡す景色に飽きる事無く、Max150mの峠も越えつつ、
可能な限り海岸線沿いをすすみ坂手港辺りからようやく平らな道になります。

折角なので、24の瞳の舞台になった岬の分教場まで往復しました。
DSCF6991_R.jpg

DSCF6992_R.jpg
結果的にこの往復に要した時間の分だけ昨年とはタイムスケジュールが異なり、(往復のフェリー便は同じでしたが)
お風呂に入る時間がなくなってしまいました。

その後も昨年走った記憶を頼りに最南端の釈迦が鼻を回り、
DSCF6994_R.jpg
富士峠越えて昨年と同じ道の駅で昼食休憩。
素麺大盛り+おにぎりの定食を頂く。

土庄のギネス認定世界一狭い海峡を渡り、(渡ると島になっていて行き止まりなので、また渡り返さないといけない)
DSCF6995_R.jpg
ここでも少し道に迷ってフェリーターミナルまで行ってしまい引き返したりしてタイムロス。

その後は島の西側を回って大阪城残石記念公園で休憩後大部から寒霞渓へヒルクライム開始。
DSCF6997_R.jpg
九十九折れの道を中腹まで上ると山の中へ入り眺望がなくなってさらに暫く上りが続き、
標高差600m程を1時間かけて上ってようやく山頂に到着。ケーブル駅横のテラスで休憩。

その後さらに70M程上りますが、休憩後で回復したのか勢いで一気にピークを越えて、福田港までダウンヒル。

荷物を預けておいた梅本水産さんに到着したのは16時を過ぎており、帰りのフェリーまで1時間程しか無い。

入浴を予定していた小豆島オートビレッジまでは往復7~8kmあるので入浴は諦めて、頼んでおいたアナゴ弁当を頂く。
DSCF7003_R.jpg
壁に色紙が沢山はってあるな~と眺めてると、え、新城の写真が!
ちばりよ~って、2年前の冬に自転車積んでご来店。新城も小豆島一周したのだろうか?

17時15分定刻通りフェリーは出航、徐々に暮れてゆく瀬戸内海を「瀬戸の花嫁」よろしく眺めながら今日一日のツーリングを思い出して、
DSCF7008_R.jpg

また来ようと思うのでした。

DSCF7013_R.jpg

走行距離 113km
獲得標高 1856m
スポンサーサイト
2014.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/296-2482e35a
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。