上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月17日~18日に1泊2日で乗鞍へ行ってきました。
初日は「この1週間で最高の天気」と位ケ原山荘の方もおっしゃるように朝から快晴が続き、
雄大な北アルプスの山々を眺めながらの最高のツーリング日和でした。


17日午前2時30分にタケちゃんに迎えに来てもらい、もっちーをピックアップして3人で一路乗鞍目指して出発!
全く渋滞も無く7時前には高山到着。コンビニで補給後デポ地の平湯温泉へ向かう。

準備を済ませたらいきなり安房峠へ向けて登坂開始。
ここは昨年熊と遭遇した場所。

平湯温泉から安房峠へは、安房トンネル開通後は車の通行が無くなり自転車天国。
林間の非常に気持ちの良い上りですが、熊にはくれぐれも要注意。今回も声を出しながら走ります。

平湯温泉から安房峠へは8km&500M程の上りで所々10%前後の勾配が出現しますが、
林間で涼しく野鳥のさえずりをBGMに走れるお勧めコースです。

1780mの峠の表示を過ぎると切通越しに穂高連峰が姿を現します。
s-DSCF6237.jpg
初めてこでこの眺めを見た時の感動は何度来ても褪せる事がありません。
平湯温泉から林間の眺望の無い峠道を上ってきて、この切通しに差し掛かかるといきなり北アルプスが姿を見せます。

s-DSCF6241.jpg

本日最初のビューポイントで穂高連峰を眺めながら暫く休憩。

ここから次の目的地上高地へは、まず500m近く下りますがやはり林間の気持ちの良い峠道が続きます。
s-DSCF6243.jpg
ただし、後半の九尾折れ11連発は要注意。各コーナー部分はコンクリ舗装が大きくひび割れていて非常に危険です。十分に減速してクリア。

そして上高地の入口に待ち構えるのが地獄の釜トンネル。
s-DSCF6244.jpg
ここから先は自家用車規制エリアなので、通行できるのはタクシーと観光バスだけですが、何といっても今はハイシーズン。半端じゃない観光バスの数。
しかも1300mのトンネル内は入口から出口まで11%均一の激坂続き。
アクセル全開のバスに何度も追い越され、泣きそうになりながらとにかく出口を目指す。

しかしその苦労の甲斐あって、トンネルを抜けるとそこは絵に書いたような夏の高原のサイクリング!
s-DSCF6246.jpg
走りながら思わず声も出ます。
s-DSCF6252.jpg
一点の曇りもない青空にくっきりとその稜線を刻む穂高連峰を見て居ると全く飽きません。
s-DSCF6257.jpg
ずっとこの区間だけ走っていられたら最高なんですが、今日はメインの乗鞍岳を超えていかなくてはなりませんから、そうゆっくりもしていられません。

s-DSCF6264.jpg

再び釜トンネルを抜けて松本方面へ下り、沢渡の手前で上高地乗鞍スーパー林道へ向かいます。

s-DSCF6266.jpg

初めてこの乗鞍周回コースを訪れた際に走りたかったルートなんですが、当時は長期通行止めの為、白骨温泉経由で乗鞍高原へ向かう事が出来ませんでした。

昨年12月より通行開始になり、今回初めてこの区間を走りました。
s-DSCF6270.jpg
が、予想以上の激坂が連続!
工事期間中は「冬期も通行可能とする為に改良工事をあいています」との説明がされてましたが、
延々と続くシェルター区間は10%以上の激坂が何処まで続くのかと嫌になるほど連続。
シェルター区間が終わっても12%越えの激坂がさらに続きます。

国道から3km余りで300M程上って白骨温泉到着。
s-DSCF6273.jpg
丁度お昼時なので、ここで昼食にしようとお店を探すと焙香庵という風格のある建物を発見。
江戸時代の建物をここへ移築されたそうで、今のご主人は7代目だそうです。
露天風呂もありますが、今日はお食事だけ。岩魚の塩焼き定食を頂き、元気が出たところでさらに上ります。

s-DSCF6277.jpg
白骨温泉を過ぎて上っていくと次の目的地乗鞍岳が姿を見せます。

蛭窪トンネルで峠を越えて、乗鞍高原まで300m程下ると、観光センター横へ下りてきます。

ここから畳平まで標高差1250m,今日のメインです。

スカイライン側よりは途中勾配の緩い区間も多いですが、標高2350mの位ケ原山荘の手前は疲れてきたところに10%越えが波状で現れ毎回頑張りどころです。

位ケ原山荘でコーラ注入、タケちゃん、もっちーを待ちます。
s-DSCF6281.jpg
再び3人揃ってピーク目指して後350m。

位ケ原山荘を過ぎると間もなく森林限界を越えてハイマツ帯の中を登っていきます。

時刻も夕方になり流石に雲が増えてきて、山頂付近はガスってきました。

s-DSCF6296.jpg

スカイラインのゲート閉鎖時間が迫る中、下山を急ぎます。
s-DSCF6300.jpg
ゲート閉鎖前に何とか下山して平湯温泉まで戻りましたが、今日のお宿フルハウス@乗鞍高原の夕食時間が迫っているため、平湯の森はパスしてとりあえず宿へ向かう。

夕食前に宿に到着、天然温泉で軽く汗を流したら直ぐに食事。

食後はご主人のお話を聞きながら1日目の夜が更けていくのでした。

8/17
 走行距離 89km
 獲得標高 2700M
8/18
 走行距離 40km 
 獲得標高 1366M

スポンサーサイト
2013.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/278-85727675
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。