上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Latteさんのお誘いでユーロワークス、グルメツーリング班で足ノ郷へいくので、その後のコースコーディネイトを頼まれ、
案1)足ノ郷~新伯母峰トンネル~行者還り~川合~洞川で昼食後五番関~吉野大峯林道~
案2)川合迄同上で、川合から~黒滝~地蔵峠経由才谷~吉野~
を提案。
さて、結果はどうなったのでしょうか?

ちなみに今日は皆様の期待を裏切り、吉野運動公園デポでした。
7時集合と言われたので、自走だと5時出発となり、きつかったのでと言い訳しときます。

つづく.....

7時に吉野運動公園集合。本日の参加者は、森KWさん、T仲さん、T田さん、Latteさん、ハマちゃんの総勢6名。
s-DSCF6207.jpg

時間とおり全員集まり7時過ぎにデポ地出発。
s-DSCF6208.jpg

デポ地を出て直ぐに津風呂湖沿いに木陰のいい感じの道を入野まで走り、ちょこっと伊勢本街道を走り窪垣内で伊勢街道に出て東吉野方面へじわじわと上ってゆき、小川で街道を離れて高見川沿いに丹生川上神社を目指す。

s-DSCF6211.jpg
ここから足ノ郷の上りが始まるので、神社前で給水。

足ノ郷は峠まで約8km余りで標高差700mを上る言わずと知れた激坂区間である。
s-DSCF6212.jpg
上り始めると直ぐに10%超の勾配が連続する。

それでも、頂上まで激坂が連続するわけではなく、激坂と勾配の緩む部分が交互にあるので、ある程度マイペースで上れると思う。
s-DSCF6214.jpg
標高970mの峠を吹き抜ける風が気持ちいい。

峠から東熊野街道まで標高差600m近くを一気に下るこのルートはグレーチングや落石に要注意だ。
この日も1箇所グレーチングが外れており道路の真ん中に穴があった。

誰もパンクすることなく東熊野街道まで下りてきました。
s-DSCF6215.jpg

ここからはお盆休みの為普段より交通量の多い国道を新伯母峰トンネルへ向けて上って行きます。

s-DSCF6216.jpg
大迫ダム手前から上りが始まるのでその前にこのあたりで唯一の売店で休憩を入れます。

峠の新伯母峰トンネルまでは、6kmで300m程上ります。
s-DSCF6217.jpg

一部7~8%の区間があるものの、ループ橋前後のトンネルが連続する区間は5%で一定していて脚力のない私でも比較的上りやすい勾配です。

標高約700mの新伯母峰トンネル手前で自販機休憩。
s-DSCF6218.jpg
ここからは当分自販機も何もない区間が続きます。

補給を終えたら新伯母峰トンネルとその先の新たに出来たトンネルを抜けて、一旦200m程下り、右折して行者還りへの峠道へ入ります。

渓流沿いに進みさらに左折したところから激坂スタート。
s-DSCF6219.jpg
前半は10%越えの激坂区間が波状で現れますが、後半は勾配も緩くなり峠のトンネルまで淡々と上ってゆきます。
この峠道林間で木陰が多いのはこの時期助かりますが、その分余り眺望は良くありません。
時々辻堂林道の激坂区間が見え隠れします。

6月にGF吉野の試走会で初めて来て以来、こんなに直ぐここへ来るとは思いませんでした。
s-DSCF6221.jpg

真っ暗なトンネルを抜ければこの後川合まではずっと下りです。
s-DSCF6224.jpg
暫くは渓流沿いの癒される眺めの道が続きます。
s-DSCF6226.jpg
が、この時期みたらい渓谷付近は川遊びの車で大混乱。

所々で渋滞する車を避けながら走り、川合で遅めの昼食。
s-DSCF6228.jpg
ここから五番関へ上り、吉野大峯林道経由で帰るルートを提案していたのですが、皆様の「上りはもう充分」とのご意見で却下。
食後はおとなしく黒滝~地蔵トンネル~才谷~吉野~津風呂湖を経由して全員無事デポ地まで戻りました。

今日ご一緒頂きました皆様、ありがとうございました。

走行距離 115km
獲得標高 2258m 
スポンサーサイト
2013.08.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/276-3af0714f
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。