天気が良ければ洞川へ行こうと考えていたのだが、アメダスチェックすると天川は雨。
洞川喜楽はあきらめて行き先決めずにいつものサイロを明日香へ向かって7時半過ぎに出発。

奈良盆地は快晴だが南寄りの風が強い。
大峰方面の山には雲が沸き立っている。
s-DSCF5685.jpg

2km近く続く橿原神宮の森の中を走るルートは、夏場貴重な木陰の道路で気持ちいい。
s-DSCF5686.jpg
お気に入りのルート。

石舞台古墳で水浴び&コーラ注入。
s-DSCF5687.jpg
明日香では彼岸花が咲き始めており、確実に季節は移り変わろうとしているのだが、まだまだ日差しは強く、
ミンミンゼミも全開で鳴いていて、真夏のようでもある。

木陰が嬉しい芋峠を越えて、吉野のサンクスで補給休憩しながら、どこを走ろうかと考えて、
ふと旧鹿路を吉野側から超える激坂アタックを思いつく。

ちょっと回り道で津風呂湖へ。
s-DSCF5689.jpg

今日は台風の影響で南寄りの風が強く、山は強風で唸りを上げている。

s-DSCF5690.jpg
普段は静かな山合の津風呂湖の湖面も波立っていた。

37号線に入り新鹿路トンネルへ向けて上る。
s-DSCF5692.jpg
トンネル手前を右へ入り、旧鹿路トンネルへの旧道を進む。
この道、先日下った時にはそれ程感じなかったんだが、トンネル手前の問題の激坂部分に行くまでに、
15%超の激坂区間が波状で現れる。
道の雰囲気は芋峠と似ているが、勾配はかなりきつい。
s-DSCF5693.jpg
ただ路面は綺麗で、芋峠みたいに荒れていない。

問題の超激坂部分にやってきました。
s-DSCF5694.jpg
コンクリ段々舗装は所々砂が浮いてるので、スリップしないように避けながらすすむが、
スピードは立ちゴケ寸前の5km台。
100m程進んだ所で郵便配達の単車に追い越される。
退避場所のフェンス部分が終わりかけた所で立ちゴケしそうになり、遂に足を着いてゲームオーバー。
道幅も狭いし、一旦足着いたらもう漕ぎ出すことはできません。
屈辱の押しが入ります。
s-DSCF5695.jpg

激坂区間が終わった後のトンネル手前で道が分岐しています。
s-DSCF5696.jpg
ひょっとして、トンネル抜けない峠道があるのではと探索に。

暫く上るとさらに分岐があって左を選択したら民家で行き止まり。
右側を上るとログハウスがあって、大峰方面の素晴らしい眺望が。
s-DSCF5697.jpg
道は標高600m迄上ったところで下り始めて、どう見ても峠とは違う方向へ向かっているようなので、
探索はあきらめて引き返します。

鹿路トンネル内は途中3箇所くらい照明がありますが、その間は真っ暗で路面は見えませんが、
信じてど真ん中を走る。
s-DSCF5698.jpg

その後、八井内のコンビニで補給休憩後、悩んだ末に桜井まで下って炎天下長谷寺へ~初瀬ダムと上り、ダム横の自販機コーナーでたまらず給水。

さらに針インター方面へだらだら上って、
s-DSCF5699.jpg
笠を越えて、天ダム下って布留のファミマでまたまた補給。

天理からは期待通りの追い風で法隆寺まで快走でユーロに寄って、4時には無事帰宅。

ミンミンゼミは何時まで鳴いてるんでしょうかね?

本日の走行距離 112.51km()
Av.Sp. 21.0km/h()
Max.Sp. 74.1km/h()
獲得標高 1540m()
Av. Cad. 64rpm()
Av. HR. 141bpm()
*()内はATLASの数値。


ポチッと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


9月Total 294km/4927m
2012年Total 3843km/49965m

スポンサーサイト
2012.09.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://colnagoeps.blog101.fc2.com/tb.php/247-c61b41c4
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村