上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月後半からのこの1ヶ月、週末になると台風やらで天候が悪くなる最悪のローテーションが続いてましたが、
きょうは朝から最高の天気!
会社の同僚もっちーと、和束~柳生~針~福住~天理~と119km程走ってきました。

当初の予定では童仙房から御斎峠を越えて伊賀まで足を伸ばして150km程走るつもりが、童仙房への上りで泥沼に突っ込んでえらいことに。

童仙房はとても走れる状態ではなく、泥まみれになっただけですごすごと引き返し、森林公園も通行止めとの情報でコース変更で南へ向かいました。

6時20分自宅を出発。久しぶりに京都方面へ向かう。
世界遺産てんこ盛りコースで、平城京跡まで走り、歌姫街道経由で木津から加茂~和束と走る。
s-DSCF6341.jpg
5日たっても水が濁ってます。上流であちこち崩れてるんでしょうね。

和束のローソンでもっちーと合流、バナナ1本で出てきたので、ここで朝食。
s-DSCF6342.jpg
最高の自転車日和に感謝。

童仙房へ向けて上り始めると、お茶畑が道路を塞いでます。
s-DSCF6343.jpg
分岐に通行止めの表示があったのは、これかな?と担ぎで乗り越えてパス。

おそらく台風以来車が通行していないようで道には枝が散乱。

しばらく登って、短い下りで泥沼に突っ込む。

丁度日陰になっていて突っ込んでから泥が深いことに気づくが手遅れ。
ぎりぎり倒れずに渡りきったがその先はこんな状態。

s-DSCF6346.jpg
完全に道が土砂で埋めゆくされていて、少し登って様子を見にいくも、先がどうなってるかわかりません。
あきらめて引き返すことに。
という事はさっき突っ込んだ泥沼歩きで渡る。

自転車はこのような状態に。

s-DSCF6348.jpg

この後、笹の葉で車輪の泥をせっせと落とすが埒があかない。

水のあるところまでゆるりと引き返す。
s-DSCF6349.jpg

先ほどの茶畑またまた担ぎで乗り越えて。
森林公園方面も通行止め。

木屋峠付近の水路で靴やら、車輪やら洗って気を取り直して南へ向かう。

柳生を抜けてハーブクラブで昼ごはん。
s-DSCF6351.jpg

s-DSCF6352.jpg
その後、針~福住~天理~と走り、ユーロに寄って5時前には無事帰宅。

帰宅後真っ先に泥だらけの自転車を洗車。
ここまで泥だらけになったのはもちろん初めて。
しかも粘土質のきめ細かい泥で、水で流した程度では落ない。

まあそれでも快晴の秋空の下自転車乗れたのは気持ちよかったです。

走行距離 119km
獲得標高 1371m
スポンサーサイト
2013.09.21 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。