上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はTubiさんの大台ケ原ツーリングに便乗させて頂きました。

しかし、肝心の大台ケ原へのヒルクライムはDNSで温泉入って帰宅となりました。

7時30分上北山村道の駅集合。30名以上の参加者で賑わうtubiさんのツーリング。
8時頃道の駅をスタートし、坂本ダムへ向かう。
s-DSCF6141.jpg

暫く東熊野街道を南下後、池原ダム堰堤を渡りR425で尾鷲方面へダム湖沿いにアップダウンが続く木陰の道を進みます。
s-DSCF6144.jpg
先頭集団はペースが早く、集団は縦に伸びてそれぞれ同じようなペースの小さな集団で走る。

と、本日一人目のパンクで休憩。
s-DSCF6145.jpg

その後も細かくアップダウンが繰り返し、上流へと向かいます。
s-DSCF6146.jpg

坂本ダムの手前でやや長めに10%近い上りが続き、ダム堰堤で後続を待ちつつ休憩。
s-DSCF6149.jpg
後ろの山肌に見えている道は、橡谷西の谷林道へ続くサンギリ林道です。
2011年夏に走りにきたのですが、素晴らしい眺めの林道でした。

坂本ダム堰堤からさらに尾鷲方面へ向かうと、
s-DSCF6150.jpg
吊り橋で対岸へ渡り、
不動橋で滝見物。
s-DSCF6153.jpg
2年前に来た時は奥の滝と手前の滝とが織り成す眺めはなかなかのものだったのですが、
小雨のせいか水量が少なくわざわざ見に来るほどの滝ではありませんでした。
s-DSCF6154.jpg

休憩後来た道引き返すのですが、ここでトラブル発生。
まず左のクリートが全く入らなくなる。大分すり減ってきていたので取り替えなくては思ってたのですが、
いきなり全く入らなくなってしまいました。
おまけに前輪からシーラントが吹き出る。
多武峰への上りでパンクして、シーラントで穴が塞がったので修理せずにそのまま乗ってたのですが、
やはり無理があったよう。
しかしながら、少し漏れて内圧が下がると再び塞がったので、そのまま走る事に。
s-DSCF6155.jpg
チューブレスは多少内圧が下がっても、それほど急激に転がり抵抗が増えないので、なんとか普通に走れますが、
クリートが入らないのは走りにくくてしょうがない。
道の駅までは長い上りもないので、何とか走りましたが、この状態で辻堂林道は無理があると判断し、
DNS。
さすがにクリートのスペア持ってる人はいませんでした。

yonosanも体調悪いので、大台上らずに帰るとおっしゃるので、二人で温泉浸かって昼食べて、帰途につきました。

走行距離 66km 
獲得標高 663m
スポンサーサイト
2013.08.04 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。