上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
会社の元同僚タケちゃん企画の淡路島一周に行ってきました。
参加者はMR井さん、H井さん、M野さん、私の5名。

5時30分にMR井さんをお迎えに上がり、淡路島へ向けて出発。
s-DSCF5893.jpg
明石海峡大橋はバスで渡った事はあるが、自分で運転して渡るのは初めて!
運転席から見ると迫力あります。

渋滞もなく7時前にはデポ地の松帆の湯に到着。
s-DSCF5896m.jpg
松帆の湯は橋を見渡せる高台にあります。その立地が売りです。
という事は、最後上って終わりということ。

まあそれは仕方がないなと言うことで、待ち合わせ場所の岩屋港へ移動して5人揃ったところで早速出発。
s-DSCF5897.jpg

タケちゃん先頭->テッド先頭->MR井さん先頭->巡航速度UP->千切れる。
s-DSCF5899.jpg
タケちゃん先頭->テッド先頭->MR井さん先頭->上りが始まる->千切れる。

そんな事を繰り返しながら水仙郷超えた頃には昨日から溜まった乳酸も抜けてきて、平地では千切ずについていけるようになる。
s-DSCF5901.jpg
殆ど風もなく快晴で最高の淡一日和。
又ここを走ることが出来て良かった~。

昼食予定地の福良が見えてきました。
s-DSCF5902.jpg

昼は、これまでに何度か利用したことのあるひなびた感じの食堂へ。
s-DSCF5904.jpg
50年位ここで営業されているそうですが、昔は目の前が海で眺めも良かったそうな。
今では埋め立てられて奥まったロケーションになってしまい、客足が遠のいたのではと思われます。

でもここの看板メニュー「貝めし」はなかなかのお味で、テッドのお気に入りです。
s-DSCF5903.jpg
今日はサザエのつぼ焼きを付けてみました。

食後もしっかり坂上って鳴門海峡へ。
s-DSCF5907.jpg

西海岸へ出たあたりから待望の追い風が!
s-DSCF5909.jpg
ウインドファームの風車も元気に回ってます。


慶野松原越えて。
s-DSCF5912.jpg

西海岸は概ねフラットですが、相変わらす少しでも上りがあるとMR井さんから千切れる。

上りと向かい風にはとても敏感な足です。
ガーミンよりも敏感に勾配の変化を感じてしまいます。

ゴールも近づいた途中で、M野さんが炭火焼穴子を所望。
s-DSCF5913.jpg
おばちゃん2人でものすごい勢いて焼いてますが、それでも行列ができてます。
よく見ると焼き台1台は片付け中。どうやら本日の営業も終わりかけのようです。

大きいほうが美味しいよと言われたものの、小さめのサイズのものしか残ってませんでした。
s-DSCF5915.jpg
でも充分美味しかったです。
おばちゃんに「今日何匹焼いたん?」と聞いたら「分からん!」とのお答え。
3000匹くらいは焼いてるようである。

明石大橋が見え始めたら今日のツーリングも終が近い。
s-DSCF5916.jpg
最後の最後で若干の向かい風でラストスパートする気持ちが萎えましたが、

私とMR井さんは松帆の湯への登り口で本日の淡一ゴール。

ジェノバラインの乗り場が起点の3人とはここでお別れ。

が、松帆の湯までの上りは考えていた以上に過酷だった。

距離は500m程だが標高差65M、という事は平均勾配13%!
今日の淡一で間違いなく一番過酷な上りでした~。

最後に大汗かかされた後に、露天風呂で橋を眺めながらまったり。

帰りは渋滞する阪神高速神戸線を避けて、ナビが案内する通りに、阪神高速北神戸線~新神戸トンネル~港湾幹線道路~湾岸線と殆ど渋滞なしで7時前には無事帰宅。

本日ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。

走行距離  153km
獲得標高  1327M


2013.05.06 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。