上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は会社の同僚もっちーと大宇陀で待ち合わせて、
東吉野~吉野方面を走ってきました。
東吉野の林間コースは涼しい風が吹き抜けて、
快適なダウンヒルを楽しめました。

6時25分、待ち合わせ場所の大宇陀道の駅にむけて出発。
いつものサイロの夏草はさらに伸びて、この辺り見通し悪く危険です。
dscn1216_convert_20100807212737[1]

橿原神宮沿いの道は、ひんやりとして気持ちよく走れます。
dscn1217_convert_20100807212810[1]

飛鳥川沿いに石舞台古墳に向けて走ります。
dscn1218_convert_20100807212843[1]

石舞台でトイレ休憩後、今日も元気に多武峰を上ります。
dscn1219_convert_20100807212920[1]

いい天気だ~。
dscn1220_convert_20100807212954[1]

23℃、まだ気温は高くないです。
dscn1221_convert_20100807213026[1]

大宇陀に向けて大峠トンネルを越えていきます。
dscn1223_convert_20100807213105[1]

車は殆ど通りませんが、2km近くあります。今日追い越されたのは3台だけ。
dscn1224_convert_20100807213142[1]

トンネルを抜けたら宮奥ダムの横を大宇陀まで、標高差150M程下ります。
dscn1225_convert_20100807213228[1]

少し早めに着いたので、足湯に浸かってもっちぃーを待ちます。
dscn1226_convert_20100807213331[1]

9時過ぎに道の駅を出発。榛原街道を菟田野で左折、伊勢本街道を御杖村方面へ。
dscn1228_convert_20100807213413[1]

この辺りから勾配がきつくなり、7%前後の上りが続きます。
dscn1229_convert_20100807213457[1]

トンネルの手前を左へのぼり、東吉野方面へ向かいます。
グランフォンド吉野のコースですね。
dscn1230_convert_20100807213532[1]

分岐でもっちぃーを待ちます。木陰で休んでいると、峠を吹き抜ける風が心地よいです。
dscn1232_convert_20100807213733[1]

分岐から600M程行くと、名も無い峠が東吉野村の境界です。
この峠標高700M以上あります。
dscn1233_convert_20100807211620[1]

おそらく吉野方面の山々が見えているかと思われます。
dscn1235_convert_20100807211711[1]

ここからは吉野までほぼず~~と下り基調です。
木陰の中は涼しくて快適です!
dscn1236_convert_20100807211749[1]

平野川沿いを快調に飛ばします。
dscn1239_convert_20100807211827[1]

少しだけ伊勢街道を走り、トンネルの手前で高見川沿いの道へ。
dscn1242_convert_20100807211912[1]

今日も川遊びの人達で賑わっています。皆さんゴミは持ち帰りましょうね。
dscn1243_convert_20100807211946[1]

東吉野村役場対岸のいつものお店で一休み。
dscn1244_convert_20100807212024[1]

ここで、もっちーは大宇陀へ、私は吉野へ。
dscn1246_convert_20100807212107[1]

延々と下った後は吉野山への楽しい上りが待ってます。
今日はローディーに会わないな~と思ってたら、
ここでまとめて1日分、10台以上の団体が下ってきました。
dscn1247_convert_20100807212148[1]

トンネルを抜けて、
dscn1248_convert_20100807212235[1]

大きな木の袂を才谷方面へ。
dscn1250_convert_20100807212315[1]

吉野山から才谷に抜ける途中の名も無き峠。
dscn1251_convert_20100807212350[1]

当初プランではここを黒滝方面へいくつもりでしたが、
よろづさん の昼食タイムに間に合わなくなる可能性があるので、
予定変更して下市へ。
dscn1252_convert_20100807212431[1]

才谷から快調に下って、千石橋で吉野川を渡り車坂峠を越えて御所方面へ。
そういえば以前黒滝から絶好調で下ってきて、信号で止まった瞬間パンクした事があったな
と、いやな事を思い出してしまう。
dscn1253_convert_20100807212507[1]

御所の古い家並みが続く旧街道をよろずさんへ急ぎます。
ハンガーノック寸前ですが、後僅かと思えばべダルにも力が入ります。
dscn1254_convert_20100807212544[1]
吉野山から1時間7分、2時によろずさんに到着!
丁度S本塾長が食後の一服に店の外へ。

いつもながらのボリューム満点の定食おいしく頂き、
自転車話に花を咲かしているともう3時半。
よろづさんから、S塾長と途中迄一緒に帰る事に。
S本さんが後ろにいらっしゃるので、気が抜けません。
30km以下に落ちないように頑張ります。
dscn1255_convert_20100807212620[1]

飛鳥川沿いのサイロに出ると追い風に乗って快調に進みます。
宮森でS本さんと別れて、16時35分無事家に帰り着きました。

明日はユーロの大台ケ原ヒルクライムサイクリングに行ってきます。

本日の走行距離 164.4km
Av. Sp. 23.7km/h
Max.Sp. 64.2km
Av. Cad. 67
Av. HR 136
獲得標高 1633M
8_7_2010_convert_20100807235009[1]
スポンサーサイト
2010.08.07 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。