上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日17日の大台ケ原行きのレポートです。

MR井師匠は木曜が休みです。しかも、入梅して冴えない天気予報の中今日は100%晴れ!
以前から行ってみたいと思ってた大台ケ原へ出かける事に。
朝5時30分、師匠を迎えにいき道の駅吉野路上北山に向けて車を走らせます。
途中吉野で補給して7時30分到着、準備をしていると地元のローディーの方が早くも下ってきます。
少しお話させて頂くと、朝5時過ぎから上られたとの事で、
林道区間の数箇所で8時から工事が始まるらしい。

dscn0752_convert_20100617220855[1]

8時に道の駅を出発、暫くは24km/h前後で師匠について走ります。
dscn0755_convert_20100617221219[1]

が、勾配がきつくなった途端師匠の背中が遠のいて行きます。
それでも暫くは、時々後ろを気にしてペースを落として下さる姿が時折見えますが、
ついに視界から完全に消え去り、早くも一人旅に。
dscn0759_convert_20100617221341[1]

ボトルに手も伸ばせない激坂を、10km/h以下で上ります。
途中工事で自転車を降りて押さないと通れない場所も。
9時27分、ようやくドライブウェイとの分岐に到着。
dscn0771_convert_20100617224435[1]

ここからは勾配がゆるくなり、下り区間も現れます。
普段走ってる吉野とは植生が全く異なり、標高の高さを感じさせます。
春蝉の合唱をBGMに気持ちの良い空気の中を進みます。
dscn0789_convert_20100618215024[1]

10時9分、頂上駐車場に到着。GPSの示す標高は1580M。之までに自転車で上った最高地点です。
dscn0779_convert_20100617224043[1]

補給食を食べ、1時間近く滞在後10時52分下山開始。
途中何人かのローディーの方々とすれ違います。
dscn0787_convert_20100618222432[1]


林道区間に入って少し下ると、斜面の崩落土をダンプに積む間10分以上待たされます。
dscn0793_convert_20100617224210[1]

落石に最新の注意を払いながら慎重に下り、12時3分デポ地に到着。
アイスを食べながらこの後どこを走るか相談していると、
師匠お勧めの入之波(しおのは)温泉に行く事に。
大迫ダム湖の斜面にへばりつくように建てられた山鳩湯は、
道路からみるとこんな状態。
dscn0795_convert_20100617223331[1]

玄関でいのししがお出迎えです。
dscn0796_convert_20100617223657[1]

まぎれもない源泉かけ流しで、結構な湯量が天井から湯船に注がれて、外の湯船へと流れ出ています。
dscn0797_convert_20100617223742[1]

すさまじい量の析出物で覆われた湯船は石風呂のようですが、杉で作られているようです。
聞けば5年でこの状態との事。定期的に除去しないと湯船が埋まってしまいそうです。
デッキに作られた湯船からはダム湖を見渡せます。
dscn0798_convert_20100617223447[1]

温泉を楽しんだ後は、橿原のよろづさんで食欲を満たしてから帰路につきました。
大台ケ原、いいところだ~~また行きたいです。
スポンサーサイト
2010.06.18 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。