7/29-30、1泊2日で乗鞍岳に出掛けてきました。
2日日間ともあいにくの天候で、例年の周回コースを走る事はできず、初日平湯温泉から畳平の往復、42㎞を走っただけでした。

DSCF7709_R.jpg

DSCF7706_R.jpg
DSCF7718_R.jpg
image1.jpg


スポンサーサイト
2017.08.01 / Top↑
23日勤労感謝の日、久しぶりにMR井さんと一緒に東吉野を走った。
7時30分駅で待ち合わせて、まずは明日香へ向けていつものサイロをおしゃべりしながら流す。

明日香石舞台から多武峰を上るが、談山神社は紅葉シーズンで車の量が多く、峠手前からは毎度の渋滞。

神社前の駐車場付近の紅葉風景。
DSCF7068_R.jpg

桜井側へ下った交差点にある屋形橋の紅葉。
DSCF7069_R.jpg

八井内から大峠を越えて大宇陀に下る。
大宇陀ではツアーオブ奈良まほろばの参加者と対向する。
丁度スタートした直後のようだった。

大宇陀道の駅を右折し、菟田野を抜けて一谷峠を上る。
DSCF7071_R.jpg

一谷峠を越えると「月うさぎ」前をさらに上り、滝野へ下り平野川沿いの紅葉を楽しみながら吉野へ向かって下る。
DSCF7075_R.jpg

伊勢街道を跨いで、高見川沿いにさらに下る。
DSCF7076_R.jpg

と、鉄人児玉さんと対向。
DSCF7078_R.jpg
御年80歳で年間走行2万キロ!
今日も元気に走っておられて何よりでした。

吉野で遅目の昼食後、芋峠を上る。
DSCF7082_R.jpg
こちらでは、奈良6峠のイベント開催中。
石舞台がスタート&ゴールで、最初の峠が多武峰、6か所目が芋峠。

その後石舞台へ下り、明日香をぬけて飛鳥川沿いに北上。
DSCF7085_R.jpg


飛鳥川は桜の名所だがこちらの紅葉は終わりかけ。
DSCF7087_R.jpg
土手が落葉で赤く染まり、もみじにも負けぬ錦のじゅうたん。

今日はあちらこちらでイベントがあり、途中色んな方に出会ったが、最後に法隆寺で信号待ちしてたら、
家事手伝い中のAさんとばったり。
DSCF7088_R.jpg
ペダルついてるけど漕げそうにないね。

秋も深まり日没が早くなって、活動時間がぐっと短くなってきたが、暗くなる前に無事帰宅。

走行距離 145km
獲得標高 1620m
2014.11.24 / Top↑
2009年にロードバイクと出会ったきっかけを作ってくれたのがタケちゃん。
桜が咲くころ初めてロードバイクに跨り、その年の秋、そのタケちゃんに誘われるままに鈴鹿8HRエンデューロに参加した。
最初の3回は42周、44周、46週と順調に記録を伸ばしたのですが、その後、雨でDNS,、落車で大けが、病気でDNS,雨でDNF,
その他色々で、久しぶりに今回の秋スぺでは、快晴で怪我もなく無事完走。
だが、記録は過去最低の40週。
レース中盤ずっと向かい風だったのも一因ではあるが、そもそも弱いのが最大の要因。
4HRエンデューロが終わるまではコース上はかなりの混雑で、かなり慎重な走りになってました。

天気は良かったのですが、気温が低く、今までの鈴鹿で一番寒かったように思います。


suzuka21.jpg
2014.11.22 / Top↑
昨日に続き今日も抜けるような青空が広がるいい天気。
だが朝の冷え込みもこの秋一番。
寒さにめげて遅めの出発で明日香方面へ向かう。

長袖のジャージで出かけたが日向ではポカポカと暖かく、半袖でもよかった。
DSCF7021_R.jpg
明日香では稲刈りの終わった田んぼや、コスモスを植えた休耕田の織り成す夕景が秋を感じさせる。

芋峠への上り口には相変わらず通行止めの表示が出たままで、道はかなり荒れている。
DSCF7022_R.jpg
木立の中に入るとひんやりとした空気で、長袖ジャージで丁度良い感じ。

DSCF7024_R.jpg
芋ケ峠にも抜けるような青空が広がっていた。

再び石舞台古墳へ引き返す。
DSCF7026_R.jpg


DSCF7027_R.jpg

橿原のサイクルステーションに寄ってみた。
DSCF7031_R.jpg

立派な建物で、中には自転車のメインテナンスコーナーや、
DSCF7028_R.jpg
休憩コーナーがあるが、利用者は一人もいなかった。
DSCF7029_R.jpg

草刈りがされて走りやすくなった自転車道を北上し、法隆寺インターからさらに富雄川沿いを北上。
DSCF7032_R.jpg
ユーロワークスに寄って、暫くまったりとして4時には無事帰宅。

走行距離 79km
獲得標高 680M
2014.10.19 / Top↑
10/4 元会社の同僚タケちゃんと、先週(9/28)参加できなかった小豆島ツーリングに出かけてきました。

まだ夜も明けぬ朝4時20分自宅を出発し、阪神高速~第二神明~加古川バイパス~姫路バイパスと走る内に夜も明けて
待ち合わせ場所の姫路港近くの駐車場に6時過ぎに到着。
駐車場から1km程のフェリー乗り場へ移動し、7時15分発の福田港行きフェリーで小豆島へ向かう。

9時に福田港へ上陸、梅本水産さんに帰りのフェリー乗船に合わせてアナゴ弁当予約しておく。

福田港から時計回りに走り始めると、いきなりアップダウンの繰り返し。
それぞれは50m程度の上りだが、なにせ殆ど平らな所がありません。
それでも海岸沿いの道から見渡す景色に飽きる事無く、Max150mの峠も越えつつ、
可能な限り海岸線沿いをすすみ坂手港辺りからようやく平らな道になります。

折角なので、24の瞳の舞台になった岬の分教場まで往復しました。
DSCF6991_R.jpg

DSCF6992_R.jpg
結果的にこの往復に要した時間の分だけ昨年とはタイムスケジュールが異なり、(往復のフェリー便は同じでしたが)
お風呂に入る時間がなくなってしまいました。

その後も昨年走った記憶を頼りに最南端の釈迦が鼻を回り、
DSCF6994_R.jpg
富士峠越えて昨年と同じ道の駅で昼食休憩。
素麺大盛り+おにぎりの定食を頂く。

土庄のギネス認定世界一狭い海峡を渡り、(渡ると島になっていて行き止まりなので、また渡り返さないといけない)
DSCF6995_R.jpg
ここでも少し道に迷ってフェリーターミナルまで行ってしまい引き返したりしてタイムロス。

その後は島の西側を回って大阪城残石記念公園で休憩後大部から寒霞渓へヒルクライム開始。
DSCF6997_R.jpg
九十九折れの道を中腹まで上ると山の中へ入り眺望がなくなってさらに暫く上りが続き、
標高差600m程を1時間かけて上ってようやく山頂に到着。ケーブル駅横のテラスで休憩。

その後さらに70M程上りますが、休憩後で回復したのか勢いで一気にピークを越えて、福田港までダウンヒル。

荷物を預けておいた梅本水産さんに到着したのは16時を過ぎており、帰りのフェリーまで1時間程しか無い。

入浴を予定していた小豆島オートビレッジまでは往復7~8kmあるので入浴は諦めて、頼んでおいたアナゴ弁当を頂く。
DSCF7003_R.jpg
壁に色紙が沢山はってあるな~と眺めてると、え、新城の写真が!
ちばりよ~って、2年前の冬に自転車積んでご来店。新城も小豆島一周したのだろうか?

17時15分定刻通りフェリーは出航、徐々に暮れてゆく瀬戸内海を「瀬戸の花嫁」よろしく眺めながら今日一日のツーリングを思い出して、
DSCF7008_R.jpg

また来ようと思うのでした。

DSCF7013_R.jpg

走行距離 113km
獲得標高 1856m
2014.10.06 / Top↑
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村